珈琲を最高に美味しく飲む方法

珈琲豆を飲む度に、粉に挽いて淹れる事です。豆を粉にするとそれだけ表面積が増えるので、湿気を吸い、酸化が進みやすくなります。
つまり、時間の経過と共に粉に劣化が起こって風味が損なわれていきます。
又、豆を挽いて暫く置いておくと、豆の内部にたまっていた二酸化炭素が香りとともに抜けてしまいます。すると抽出時に粉がふっくらと膨らまず、どんなに上手に抽出しても美味しい珈琲にはならないのです。
豆を挽くのと珈琲を淹れるのはワンセットと考えて珈琲を淹れるのが最も美味しく飲む秘訣です。一度お試しください。