straight_siguri

シグリAA (straight_siguri)

生産国:パプアニューギニア シグリ農園
品種:アルーシャ ティピカ カチモール
生産地域:ニューギニア西部(ウエストハイランド州)

標高:1500m
年間降雨量:2200mm以上
土壌:火山灰性の黒土を含んだ肥沃な土壌

焙煎度:フルシティロースト
特徴:コク、アロマ、天日乾燥特有のまろやかな甘味、高級品種固有の適度な酸味がバランスよくなりたっています。

香り〇 コク◎ 苦味〇 酸味△
(フルシティローストの場合です。焙煎を浅くすると酸味も出ます)

※注文焙煎品です。店頭でお買い求めの際は予約してください。
焙煎度も変更できます。また、発送にお時間頂く場合がございます。

オーストラリアの北、赤道に位置するパプアニューギニア。コーヒーが持ち込まれたのは、第二次世界大戦前。ルター派の宣教師によるものでした。

シグリ農園はニューギニア国内において最も品質の優れたアラビカ種の栽培農園として1950年ニューギニア西部マウントハーゲン市の東ワギ・バレー高原に設立されました。近年20年以上、シグリ農園は、ニューギニアコーヒーのグルメコーヒーとして君臨してきました。

標高1,500m、高地特有の寒暖差が激しい気候、年間2,200mm以上の豊富な降水量、火山灰性の黒土を含んだ肥沃な土壌、「一日で一年の気候を繰り返す」と言われる気象変化などといったグルメコーヒー栽培に適した条件で栽培されています。

品質のこだわりとして、完熟チェリーの手摘みを行い、その日のうちに収穫されたチェリーはパルパーに掛けられ、カーペンタース社所有水洗工場にて3日間水洗発酵工程を経て、10日間かけてテーブルで天日乾燥、選別工程では、二度にわたる手選別により、濃緑色の均一な品格のある豆に仕上がり日本はもちろん欧米にも輸出されています。

シグリコーヒーの特徴は、しっかりとしたボディに加え、アロマ、天日乾燥特有の甘味、ティピカ種特有のやわらかい酸味といったバランス型となっており、日本以外、欧米などでも広く飲まれているコーヒーです。

注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
straight_siguri-200 200g
オプションを指定してください。
挽き方
(¥1,000) ¥900
在庫有り
straight_siguri-500 500g
オプションを指定してください。
挽き方
(¥2,500) ¥2,250
在庫有り
特定商取引法に基づく表記

営業日カレンダー

  • 今月(2017年8月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)