コーヒー、1日3~4杯飲む人は

心臓病死の危険 4割減  国立がんセンター 2015/5/7 日経新聞

コーヒーを1日3~4杯飲む人は、

ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡する危険性が4割ほど減るとの研究結果を、国立がん研究センターや東京大などの研究チームが7日発表した。がんによる死亡との関連は見られず、全ての死亡の危険性で比較すると24%減だった。

 

1990年代に10都道府県に住んでいた40~69歳の約9万人を2011年まで追跡し、生活習慣と日本人の主要な死因との関係を調べた。

コーヒーを飲む量が多いほど死亡の危険性は減り、「1日3~4杯」と答えた人は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病で死ぬ危険性が「ほとんど飲まない」とした人に比べて36%低かった。脳内出血や脳梗塞などの脳血管病は43%、肺炎などの呼吸器病は40%低かった。

5杯以上飲む人の場合は、数が少なく詳細な分析は困難という。砂糖やミルクを入れるかなど飲み方の違いは考慮していない。チームはコーヒーに含まれ血糖値や血圧を調整するクロロゲン酸や、血管の健康を保つカフェインの効果が考えられるとしている。